その不安は100パーセント的中します

強みを引き出す話し方コンサルタント池田弘子

強みを引き出す

話し方コンサルタント池田弘子です。

 

講座を受ける前

レッスンを受ける前に

「私でもできるでしょうか?」

「今までできたため試しがないんですが」

「不安なのですが」

「お試しってありますか?」

とおっしゃる方、たまにいらっしゃいます。

 

やったことないことは

誰でも不安です。

 

そして

できるかどうかは

やってみないとわからない

これが、事実です。

 

やったことないことは

まずはやってみることで

どうすればできるようになるかが

わかってくるんです。

 

動けなくなって不安な状態で

ずっと同じ場所で

グルグルグル回っているんです。

 

 

できるかな

どうかな

やったことないしな

自信ないしな

と不安を抱いてその場に行けば

その不安は見事に的中します。

 

 

不安なまま行ってしまえば

「これもダメだった」

「やっぱり私にはできない」

できない自分を改めて発見するんです。

脳はそうなっているんです。

 

 

不安は現実のものと

なるんです。

 

 

逆に

「やるぞ」と決意をもって

その場に行ったなら

はじめてのことで

わからないことだらけでも

「どうすればできるようになるか?」

と前向きに考えている自分を

発見します。

 

 

不安を抱えていくか

「やるぞ」と

決意をもっていくかで

見える風景、起こる現実は

まったく違うものになります。

 

この仕組みを

理解している人は

何気なく無意識にしゃべる言葉を

気をつけます。

 

 

大事なことは

「わからなくても

ついていくぞ」

と決意することです。

 

やってやる

という意志です。

 

逆に

決意さえあれば

どんなに経験がなくても

どんなに知識がなくても

大丈夫です。

 

 

多くの方とセッションを繰り返してきて

その一点に尽きると

感じます。

 

まさに、

そう思っているから、そうなるんです。

 

 

あの人嫌いと

思えば

相手もあなたを

見事に嫌ってくれます。

 

 

これは無理

私には無理

そう思っていれば

本当に無理になります。

 

これは

化学反応です。

 

私たち人間は

このようになっているんです。

 

でも、

そうはいっても

無理と思ってしまうんです

不安に思ってしまうんです

となる方の方が多いでしょう。

 

 

そんな時は

こうしてください。

 

 

私にできるでしょうか?

無理かもしれない

と言う言葉を

「不安だけどやってみます」

「できるかどうかドキドキだけど

私はやってみたいです」と

言ってみるんです。

 

 

これは

どんなシーンでも同じです。

 

 

仕事も同じ。

何でも同じです。

 

 

この言葉が返ってきた時

仕組みを理解している人は

「あ、この人はできるな」

「この人はちゃんとする人だな」と

認識します。

 

 

1歩足を出すことは

最終的には自分にしか

できません。

 

どんなに背中を教えても

矯正的に足を出させることは

できないんです。

 

 

覚えていて下さい。

不安はさらに不安な現実を見つけ出します。

 

脳がわざわざ

できない理由をあなたに見せつけようと

わざわざネガティブな要素を見つけ出してくるんです。

 

そして

「ほらね、やっぱり無理だった」と

いう言葉を引き出させるように

させてしまうんです。

 

それが不安が

引き起こす現実です。

 

 

先日、大阪に行った時に

出てきてもらってお会いした女性がいます。

美味しいケーキをご一緒に頂きました(^^)

私は6年前に大阪で定期的にお招きいただき

勉強会をしていたんですね。

その時の会社のパートの事務の女性です。

私の勉強会の準備やお茶やケーキの準備を

して下さっていたことがきっかけで

親しくなった女性です。

その女性、今はご自身のサービスを提供される

個人事業主です。

体験談を書いて欲しいとお伝えしたところ

快く書いて下さることになり

送って頂きました。

ご紹介しますね。

「時給850円のパート主婦でした」

(大阪市 40代 女性)

 

池田先生、体験談うまくまとまっているかどうかは

わかりませんが書かせて頂きます。

 

やっとマル3年が過ぎました。

おかげさまで継続して仕事が成り立っています。

 

起業というと聞こえはいいですが、

私はバリバリ働いていた女ではなく

主婦がメインで週に3回だけパートで事務として働く程度でした。

当時私が頂いていた時給は850円からのスタートでした。

いわゆる最低賃金です。

 

当時の私は40歳になったところでした。

子供が小学生と中学生で下の子供がスポ小に入っていたので

土日のたびに朝からずっと保護者がお世話をしなくてはいけませんでした。

そのため土日は休めて

しかも、平日も急な休みでも変更してくれる仕事を探していました。

その時、たまたま採用してくれた会社での勉強会が、

池田先生との出会いになりました。

 

私が勤めていた会社の社長さんと池田先生が親しくされていたことで

私も会場サポートということで

毎回お話を聴かせて頂くことができました。

 

参加されている方はみなバリバリ働いておられる方ばかりで刺激的でした。

私とは違う世界の人達と思いながらも

毎回みなさんのお話をお聞きしたり

先生のお話を直接聞いているうちに密かに

「もしかしたら私も何かできるかも」

と思うようになりました。

 

とはいえ私は短大を卒業してから車販売の会社に事務として入り

わずか2年で結婚のため退社しており、

その後はまともに働いたことはありません。

知識もスキルも人脈もありません。

 

主人は公務員なので安定はしていますが

収入は毎月だいたいなくなってしまう家庭です。

自分の好きなものを買うのを我慢したり節約は当たり前でこんなものかなと思っていましたが、

勉強会でみなさんのお話をお聞きしたりしているうちに

「私ってそうとう小さくまとまってる??」

と感じるようになりました。

 

私が唯一若い頃からやっていた

算命学のことを先生にお話しした時、

とっても興味深く質問して下さりあの時は本当に嬉しかったです。

 

20代の頃から師匠について学んでいたこと、

無料だけれども、

知人の会社の社員採用や社員教育の時には

私の算命学を使ってアドバイスをしていたことを話した時です。

 

先生は、

「あなた、こんなに素晴らしいものもってるなら自分で発信してみればいいじゃない」

とおっしゃってくださいました。

 

その時勉強会に来られていた女性社長さんたちも

「そうよ、やればいいのに」

「簡単よ」

と次々と声をかけて下さり

「え?私、やっていいんですか?」

と拍子抜けしたことを覚えています。

 

今まではこんなのは趣味であって仕事にはならない。

お金にするようなものではない。

と思っていました。

でも、どこかでこんなことを仕事の柱として1本持てたらどんなにいいだろうと

夢見ていたことも事実です。

 

幸いにも当時勤めていた会社の社長さんも興味を持って下さり、

ご家族やご友人の人間関係を私の算命学でみさせて頂きました。

そこから急に興味を持って下さり、

いろいろな方を紹介して下さり

実体験を積み重ねていくことができました。

実績作りのために

快くお越し下さった当時の勉強会の

皆様には足を向けて眠ることはできません。

 

「わからなければ、きけばいいのよ」

と先生はいつもおっしゃっていました。

 

本当にその通りでした。

私は今まで

全部自分でどうにかしないといけないと思い込んでおり、

誰かに聞いて教えてもらう

といったアクションに出たことがありませんでした。

 

コロナになったことは私にとっては

チャンスでした。

時間もでき、

改めて自分のスキルを磨きサービスを作るきっかけになりました。

 

顔を出して華々しくアピールするのではなく

私の算命学を受けて下さった方からの紹介の方だけ受けるようにしたい

 

できれば得意な社内のチームを算命学で

どう活かすかというようなサービスを作りたい

 

子供の行事を優先したいので、

完全に私の予定に合せてもらえるようなやり方でしたい。

 

こんなわがままな希望でしたが、

最初に「どうしたいのか?」

と決めたことで

本当にその通りのやり方で今はやれています。

 

 

事務をしていたのでパソコンで触れるけれど、

今の事情に詳しいわけではありませんでした。

 

しかし、私が必要とする機能だけ覚えれば、

何もマルチでできる必要はないとわかりました。

 

もし、あの時、

あの会社のパート求人を見つけなかったら

そして、採用されていなかったら、

あの時、先生にお会いしていなかったら、

と思います。

 

 

先生がいつもおっしゃる「すべて必然」ということ。

そして「縁」を生かすも殺すも自分次第。ということ。

 

身に沁みます。

 

決して派手ではありませんが先生がいつもおっしゃるように

「今やってることを積み重ねて膨らませていく」

ことをやっていきます。

幸いにもこの仕事は年を重ねるほど説得力が増す仕事です。

 

すでにやられている人の中に入ると、

こんなにも自分のやりたいことがあっさり行動に移せてしまうんだと

実感しています。

この体験以後、

私はさまざまな場に憶することなく出かけて行っています。

 

そうしている人の中に入ってしまうことのすごさを

体感したからです。

 

私でもやれる、やっていい

と背中を押してくださった先生や皆さまには感謝しかありません。

先生のお歳になった時、

私も先生のように人の役に立っている仕事をしていきたいです。

 

これからもずっとよろしくお願いします。

いろいろな方とお会いしていて

私は本当に感じるのですが

0か100かで判断してしまい

100にならないと

何もできないという方

意外に多いんですね。

 

10くらいでスタートさせちゃって

全然okなのに

「もっと勉強してからやります」

「資格をとってからやります」

「いつかはやります」と。

 

 

勉強しながら

歩きながら

スタートさせてしまえば

いいんです。

 

そして継続し

積み重ねるんです。

 

 

早い方がいいんです。

だって、自分の残り時間は

限られているから。

 

今日1個積み重ね始めれば

明日には2個です。

1年後は365個です。

 

でもはじめず

積み重ねなければ1年後も

0個です。

 

 

もったいない。

 

 

どんなに未熟でも

どんなに雑でも

やりながら工夫すればいいんです。

 

 

継続です。

最初は、知っている人に

サービスを受けてもらって

率直な意見をもらい

改善点を教えてもらいながらでした。

 

 

最初は15点だっても

3年継続しているうちに

80点くらいになっていくんです。

それは体験と実績が

積み重なるから、です。

 

 

最初から満点を取ろうとすると

失敗しますし

自分に失望します。

 

最初の1年は

20点くらいでいいと

思っておけばいいんです。

 

 

先日書いた

「今日手を抜くと3ケ月に利益が落ちる」

も同じです。

 

逆に言えば

今日はじめたら

3ケ月後には

違う世界が見えている

ということです。

 

 

今、いろいろな方の

体験談を頂いています。

インタビュー動画を

撮らせて頂ける方もいて

楽しみです。

 

 

1人の悩みは

水面下に1000人の人が

同じ悩みを抱えていると言います。

 

人が体験した話しほど

面白いものはありませんね。

 

 

次回の知ったかぶり講座はおかげさまで

一瞬で満席となりました(^^)。

現在キャンセル待ちでお待ち頂ている方が数名いらっしゃいます。

もし既にお申し込みを頂いた方で

ご都合が悪い方はお早めにお知らせ下さいね。

お支払い完了時点で、ご参加となります。

ご理解どうぞよろしくお願い致します。

 

次回の知ったかぶり講座

2022年11月6日(日)です。

次回は、お待ちかね「徳川家康」です。

戦国時代、徳川家康は

側室にはかならず後家さんや、熟女を選んでるんです。

床上手で(笑)子供を産んでる女性ばかり。

これって、今の時代にもばっちり当てはまるんです。

カップルで長くうまくいってる同士って再婚者同士って本当多い。

若い頃の女性や、初婚の女性だとどうしても期待があるんですね。

もっとこうしてくれるはず。

だって、あなた男でしょ?って。

若い奥さんもらって困ってる男性ってよく私のところに来られるんですけど

若いゆえの自己主張が激しい。

結婚に対するイメージ強すぎて要求きついんですね。

ここに、もう一度結婚してて子育てもして

離婚とか体験してるもの同士だとね

お互い角がとれて「譲る」「思いやる」「いたわる」「期待しない」ってなってる。

最初の結婚の時は、とんでもない亭主関白だった男性も

次の結婚の時には、なんでもやっちゃうイクメンに変わってたり、します。

人間も一度体験して自己主張相手にぶつけ合って

失敗してると角が取れてくるんです。

過去の奥さんやご主人が精一杯自己主張してぶつかって

角をとってくれてるんですね。

角が取れてゆずりあいの精神を身に着けた状態で

結婚って、ものすごくいいんです。実は。

だから私は一度結婚、出産を体験してる女性は

すぐに再婚できるって思ってます。

実際、本当にすぐですから。

レッスンにお越しくださった男性で

一度離婚を経験されてる方には

「次は必ず一度結婚出産を体験してる女性と再婚したらいいですよ」

とお伝えしてます(笑)

みなさん、素直でその通りにされるのですが

びっくりするほどうまくいってます。

徳川家康のストーリーの中には

こんな風に今の男女間に「へえ、一理あるな」と思わせるエピソードが

たくさんあるんです。ね、面白いでしょ?

あなたの会話の引き出しを増やす知ったかぶり講座

 

池田弘子のちょっといいスタイル

■誰も知らない人を惹きつける本当の方法(全5回)

↑とにかく今すぐ「あの人」を自分へ惹きつけたいあなたはぜひご登録くださいね。

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

ぜひ、ご登録下さいね。

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

 

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール】

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
愛媛県今治市生まれ。共立女子大学劇芸術学科卒。母性型経営@提唱。母性のものさしを学ぶ母性型勉強会を主宰。あなたから買いたい、あなたにまた会いたいと思ってもらえる話す力を個人指導。話し方を指導して40年。研修、講演回数は1500回を超える。

お気軽にお問い合わせ下さいね。

話し方、伝え方、コミュニケーション、人間関係のお悩みまずはお気軽にご相談下さいね。