自分の弱みを見せることが本当に苦手なんです。

強みを引き出す

話し方コンサルタント

池田弘子です。

 

個人レッスンをしていて

感じることがあります。

 

それは

自分を思い切ってさらけ出すことが

本当に苦手な人って

多いんです。

 

 

特に、男前で(笑)

責任感も強く

頑張る女性に多いです。

 

 

先日もある女性との個人レッスンの時

彼女がこう言ったんです。

 

「先生、自己開示しなきゃいけないって

わかってるんです。

 

でも、どうしても苦手でできない。

自分をさらけ出して

他人に思われて自分が傷つくのが

怖いのかもしれません」

 

その気持ち、とってもよく

わかります。

 

 

でも大丈夫です(^^)

 

それも

習慣です。

話し方の癖、なんです。

癖なので、

気が付けば、

できるように

なるんです。

 

 

あっさり

「え?そんなことサラリ口に出しちゃうんだ~」

って人

いますよね?

 

 

自己開示するのが

あたりまえって感覚の人って

います。

 

 

それって

話している言葉を聞いていてもわかるし

書いてる文章読んでも、

わかります。

 

 

自分をさらけ出すことで

相手の心が自分へ惹きつけられることを

もはや動物的直観

体得しちゃってるんです。

 

そういう人って。

 

 

特に私はこれから

女性達に

「弱みを思い切ってさらけだす」

ということのすごさを

知って欲しいと

思うんです。

 

 

逆の立場で考えてみて下さい。

 

何人かで食事をしていて

1時間たっても

2時間たっても

3時間たっても

誰も心の内を語らない会って

どうです???

怖くないですか?(汗)

 

 

表面的な話題ばかりが

あっちいったり

こっちいったり

誰も内面に突っ込んでいけない

はじかれる壁ばかりと食事してる感じ。

 

そういう時って

話そうとしててものどがつまったように

感じるんです。

 

声がでにくいんです。

 

その場にいる人みんなが

「壁」なので

「壁」には何をぶつけても

はじかれます。

 

 

疲れますよね。

もう二度と行きたくないっ

て思いませんか?

 

・・・で、その場にいた人

好きになりますか?

 

共感しますか?

また会いたいって思いますか?

思いませんよね??

 

 

だって、疲れるだけですもの。

でもね、

自分がそう、思ったように

実はそこに居たみんなが

そう、思ってるんです。

 

 

「は~、疲れた」って

思ってるんです。

 

 

もったいないですよね。

私はいろいろな方とお会いしますが

「ああ~~もったいなあ」って

思う瞬間がよくあります。

 

 

気配りもでき

優しくて

自己主張もせず

頭もいいし

美人だし

でもね、

自己開示しないって癖があると

「いい人だけど、どっちでもいい人」

にカテゴリー分けされちゃうんです。

 

残念ですが。

 

 

特に女性で

自分を知ってもらうお仕事

自分が提供するサービスや商品を

買って頂くお仕事をされているのであれば

「自分をさらけだしていく」ってことが

できないと

やっぱり損をするんです。

 

 

母性型勉強会では

自分が毎日毎日動いて獲物を取ってくる

という考え方では

行き詰っていきますよ

と教えています。

 

女性は基本は

「待ち」がいいんです。

 

恋愛も結婚も仕事の仕方も

同じです。

 

 

自分から獲物をしとめに

さあ、今日はあっちへ

さあ、明日はあっちへ

って

若い方はやっていますが

それって消耗戦なんです。

 

疲れます。

 

その考え方持ってたら

ずっと動き続けなきゃいけないですよね。

私はいったいいつまで

戦い続けなくちゃいけないんだろう?

途方に暮れて当然です。

 

 

私は、仕事を始めてから

今まで、今もずっと。

 

自分から売り込みにいったことは

一度も、ありません。

 

売り込む

という言葉は男性的です。

 

ゲットする

という言葉も男性的です。

 

 

女性の強みは

自分の中に惹きつけること

です。

 

柔らかい居心地の良さそうな

ところに

惹きつけてくること

です。

 

 

硬い岩のような理屈や理論も

自分という柔らかいものを

通過することで

「まあ、いいかあ」と

思わせてしまう柔軟性です。

 

 

あっちがいいと言えばあっちへ

走り

こっちがいいと言えばこっちへ

走り

それを繰り返しているうちに

自分の中身はからっぽです。

 

 

だって、

時間がない、ですよね。

自分の中に構築する時間が。

勉強する時間が

なくなるんです。

 

 

からっぽな人には

誰も惹きつけられません。

 

 

女性は男性的な仕事をしていると

とても疲れるんです。

 

 

さらに女性は

家事や育児も

あります。

 

 

家のこと

子供のこと

さらには親の面倒まで

あります。

 

 

 

ガンガンせめていく

今日も明日も明後日も

動ける限りは動き続けます。

 

戦い続けます。

 

という女性は今40代にとても

多いのですが

心の中にあるものは

「で、いつまで私は戦い続けなければいけないの?」

なんです。

 

 

その考え方では

煮詰まるんです。

 

 

母性型という新しい考え方を

あなたの中にインストールして

みてはいかがでしょう?

 

 

自分が動きまわって消耗するのではなく

①待って

②惹きつける

のです。

 

そのためには

毎日コツコツとできることが

あります。

 

 

それが

自分のことを

知ってもらうために

小さな自己開示をしていくこと、です。

 

いきなりドーンと

さらけ出されるから

お客様も

男性も

引くんですね(笑)

 

 

いきなりドーンと

結婚してくれないの???

契約お願いします!!

ってなるから

お客様も

男性も

引くんです。

 

 

これ、やってしまいがち、です。

多くの女性が

やってしまいがち、です。

 

 

ためこんで

ためこんで

言いたいことを

言えなかったことを

思っていたけど蓋してたことを

何年もずっとだんまり続けて

ある日突然

もう限界ってなった瞬間に

爆発!

ってパターンです。

 

 

これ、

男性がもっとも「引く」パターンです。

お客さまも「引く」パターンです。

 

 

そうではなく

小出しに

小出しに

いつも自分のことを

自分の内面を

素直に言葉にだしている人なら

「お願い」

も実は通るんです。

 

 

会社の中でも同じです。

 

報告すべき些細なことを

こまめに

こまめに

しつこいくらい

小出しに報告してきてくれる部下は

大事にされます。

 

ため込んで

ため込んで

自分でどうにかしようと考え

どうにもならなくなった時点で

「あの~~、実はですねえ」と

相談されるのが

一番困るんです(笑)←多いです!

 

 

自分が何者か?

自分が今どんなことをしてるのか?

自分が提供できるのはどんなことか?

自分が好きな事

自分が嫌だったこと

自分がつらかったこと

自分が体験したこと

小出しに小出しに

コツコツと外に発信し続けている人や

お店は

相手の「欲しいタイミング」になった時には

「あ、あの人に聞いてみよう」

とか

「あ、あの人の店でやってたな」

とか

思い出してくれます。

 

 

自己開示が苦手な人や

自分の内面を相手にされけ出せない人は

いざ仕事ってなった時

いざ自分が何かを決めなきゃいけないって時

妙に「緊張」がでるんです。

 

いきなり

お仕事モードの話し方になったり

いきなり

硬い話で商品説明をはじめたり

ってことが

起こります。

 

 

当然、売れませんし

当然、相手は違和感。

 

 

もう「ぜ~んぶ、見せちゃう」ってのが

日常になってる人って

話をしてても

いつも自分の失敗談や

自分の過去の恥ずかしい体験が

どんどん出てくる。

 

そこに

それを聞いて周りが引かないかな

とか

それを聞いて変に思われないかな

とか

一切、頭にないんです。

 

頭にないから

どんどん話せる。

 

 

自己開示してくる人との

距離感はとっても近いです。

 

自分に殻をきたまま

話を通そうとしてくる人との距離感は

とっても遠いのです。

 

 

覚えていて下さいね。

自分の内面をさらけ出せないと

目の前の人の気持ちは

絶対、動きません。

 

 

伝わりません。

好きになっても、もらえません。

ただ、「その他大勢の人」で、終わるんです。

 

 

自分を他人にさらけ出していく

って

「委(ゆだ)ねてる」んです。

 

母性型の真髄でしたよね(^^)

 

 

先日、勉強会にお越し下さった

女性からまさに「自分の内面を打ち明けた」メールを

頂きましたよ☆彡

とってもチャーミングな彼女は

目がキラキラしていつも私を

見つめてくれます。

 

心の中の不安や葛藤を

言葉にし

誰かに伝えてみる

これは勇気です。

 

そして

その言葉は必ず

誰かの心に響きます。

 

話す言葉は人生を変える

だんだん

「そうかも?」って

思ってきませんか???

 

 

「待ち」の姿勢で

生き抜いていくために

毎日コツコツ

誰かに、心の中の言葉を

伝えていきましょう。

 

ある女性は

売り込む営業スタイルから脱却するために

毎日コツコツと発信をはじめました。

「待って」いながら

「構築」をし

「ファン」を増やす

とってもいい流れですよね。

 

今、彼女からは毎晩

日報のようにその日の気づきを

報告して頂いています。

 

その効果が感じられるのは

あんがい、はやいものです。

どこかで彼女の取り組みを

ご紹介しますね。

 

6月母性型勉強会は2018年6月27日(水)です。

ご参加下さる方はおやめにお申し込み下さいね。

あなたの強みを引き出す「母性型勉強会」(香川高松市)

日時:2018年6月27日(水曜日)午後6時30分~20時30分

場所:高松国際ホテル

会費:3,000円(食事代込み)

ご参加下さる方は必ず事前にお申し込みを頂けますようお願い致します。

お申込み後、キャンセルされる場合にはお食事のご用意の関係上、

必ず前日までにご連絡をお願い致します。

当日のキャンセルはお食事ご用意の都合上、会費を頂戴することになりますので

どうぞご了承下さい。

 

■誰も知らない人を惹きつける本当の方法(全5回)

↑とにかく今すぐ「あの人」を自分へ惹きつけたいあなたはぜひご登録くださいね。

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

cropped-header_950250-のコヒ_ー

ぜひ、ご登録下さいね。

 

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール】

 

 

 

 

 

 

Follow me!

お気軽にお問い合わせ下さいね。

話し方、伝え方、コミュニケーション、人間関係のお悩みまずはお気軽にご相談下さいね。