私の弱みは「人に悩みを打ち明けられない」ことでした。

強みを引き出す

話し方コンサルタント池田弘子です。

 

「弱みをさらけ出す」ということが

現代人はとても苦手ということを

以前もお話しました。

 

レッスンでもセミナーでも勉強会でも

終わった後は必ずこんなメールがたくさんやってきます。

人に悩みを打ち明けたり相談することができません。

弱みをさらけだしたらいいのは

頭ではわかっています。

 

弱みをさらけだすことで

自分の強みがでてくることも

頭ではわかっています。

 

でも、できません。

 

私の隣で素直に本音を吐き出し

誰かに相談している姿を見ると

「自分にはそんなことできない」と

いつも思います。

 

年齢がいくにつれどんどん相談できない

悩みを打ち明けれない性格になっているように思います。

 

プライドも高くなっているのがわかります。

プライドの高さとは反比例してメンタルはとても弱く

心が折れやすくなっています。

どうすれば弱みをさらけだせる自分になれるんでしょうか。

ぜひ考えてみて下さいね。

どうして誰にも悩みを打ち明けることが

できないのでしょう?

 

一緒に食事する友達はいます。

お茶を飲む仲間もいる。

 

職場に同僚や上司もいる家族もいる。

でも、誰にも自分の心の内を話せない。

打ち明けることができない。

 

 

自分だけでどうにかしよう

としてしまうと

今の悩んでいる自分の頭で

さらに深い迷路に入るだけです。

 

長い人生生きてきて(^^:)

息長く人との関係を構築し

お仕事を継続されていっている人は

必ず、「悩みを打ち明け上手」なんですね。

 

母性型を学んで下さっている方には

ぜひ、「打ち明け上手」になって欲しいと

思います。

 

 

悩みを打ち明ける

ということは

自分の心の中を相手に開示する

ということです。

 

自分の心の中では

「ああ、もう嫌だ、苦しい、どうにかしたい」

と思っていても

何も言わなかったり

笑顔で平気な顔をしていたり

言葉では「全然、大丈夫」といっていると

頭で思っていることと

口から出てくる言葉が違うので

違和感を起こすのは当たりまえです。

 

 

勉強会にお越し下さった方は

想像なさって見て下さいね。

 

ご自分の赤裸々な感情や体験を

思い切って言葉に出して話しちゃう人を前に

あなたはどんな気持ちになりますか?

 

弱みを掴んでしめしめと

思いますか?

そんなこと話されても迷惑だと

思いますか?

馬鹿じゃないのか?

思いますか?

 

思いませんよね?

 

きっと、素直に本音の気持ちを

打ち明けてくれたその人に対し

「ああ、そんなことがあったんだ」

「こんなに明るそうな人でも、そんな体験をしてきたんだ」

「完璧そうな人なのに、そんな失敗があったんだ」

と、自分が知らなかったその人の

意外な部分を知り、

自分との距離が近くなったと思うんです。

 

そして、完璧だと思っていたその人と

自分との距離が一気に縮まる

そして、実は私もこんな気持ちなんだ・・と

打ち明けることができる。

 

 

つまり、

弱みをさらけ出せる

弱点を先に自分から開示してしまえる

ということは

自己表現の一種ということなんです。

 

 

自信があるように見える人ほど

自分の弱点や、しくじった体験を

赤裸々に堂々と語ります。

 

自分を大きく見せたいと考えている人ほど

「私は完璧」

「私は、うまくいっている」と

語ります。

 

誰にも弱みを打ち明けることができない人が

思い込んでいることが

あります。

①悩みを打ち明けると、自分の悩みを知られて負けた気になる

②悩みや相談事をもちかけると迷惑になるのではないかと思う

③悩みを相談したら自分の立場が弱くなるような気がする

 

特に、負けたように感じる

という言葉は

ここ数年私が多くの方とレッスンを繰り返す中で

女性達から多く出てきた言葉です。

「弱みを打ち明けると負けたような気がする」

 

これって、サヌキアワの性質から考えると

完全に「サヌキ(男性性)の思考」に傾いているって

ことなんですね。

※サヌキ性アワ性とは?

女性がサヌキ(男性性)に傾くと

一見かっこいいように見えますが

女性自身の内面はボロボロに

崩壊していきます。

 

 

弱みを打ち明けられない

ということは

誰の力もかりませんよ

ということです。

そして、自分ひとりで全部どうにかしていきますよってことです。

 

自分が「誰の力もかりず、一人でやっていかなきゃ」と

思っているので

その通りの現実がやってきます。

誰も助けてくれない

誰も共感してくれない

私が一人で頑張ってやり続けなくてはいけない

という現実が

自分が設定した通りの現実が

本当にやってきちゃうんです。

 

 

女性がこれやっちゃうと

男性は働きませんよ~~(笑)

力が湧いてきませんからね。

そんなに強いならどうぞ一人で頑張ってってなっちゃうんです。

 

女性上司がこれやっちゃうと

部下も動きませんよ~~。

この人のためにって気持ちを

引き出しませんからね。

部下に仕事を任せず

ぜ~んぶ自分でやっちゃって疲弊しちゃうんです。

で、成果はいまいち、ってなっちゃう。

 

 

自分が一体どっちの「性」を発しているのか?

そんなこと

考えたこともないって方は

ぜひ一度考えてみて欲しいんですね。

 

時代はどんどん女性が「サヌキ性(男性性)」

傾く方向へ向かっています。

 

そんな中で

直感を大事にしたり

信じて委ねたり

感じて動いたりといった

「アワ性(女性性)」を自分自身の中に見つけ

「アワ性」を拡大されるように

動き始めている女性達も、います。

 

 

頭ではわかっているけど

できないって

あると思います。

 

それは、

それをやったことが

ないから、です。

 

一度でも体験したら

あ、そうか、こうすればこんな感じになるんだ

ということを一度でも体験した人は

次からそれをやれるように

なるんです。

 

 

与えましょう。

奪うより与えましょう。って

言います。

言葉は誰だって聞いたことがある。

そして奪うより

与えた方がいいのは

誰だってわかっている。

頭じゃわかっている。

 

出せば入る

という言葉も昔から

あります。

それも頭じゃわかっている。

でも、できない。

 

出せない

もったいない。

これを出して確実に

うまくいく保障があるなら出すけど

そうでないなら出せない。

 

となる。

これって、

どうしてかっていうと

 

 

先に与えれば、得られる

出せば、入る

ってことが自分の体験として

ないから、です。

 

 

自分の体験として「ない」ことは

できるようには

絶対にならないんです。

 

 

でも、一度でも「体験」し

こうすればこうなるんだってことを

実感すると

それは確信に変わります。

 

だから

最初の第一歩が

とっても大事ってことです。

 

 

一度でも体験した人は

どんどんやるんです。

あ、こうするんだ

ってコツを掴むからです。

成功体験ですよね。

 

 

弱みを打ち明けるって

やったことがない人は

なかなか、できません。

 

 

そんな時は、まずは

信用できる人にメールででも

小出しに出していくって

ひとつの訓練です。

 

 

ほんのちょっと、出してみる。

モヤモヤしてるな

イライラしてるな

不安なのかなって気持ちを

文章で

書いてみる。

 

そして、その時の自分の気持ちを

感じてみるんです。

 

誰かに伝える

という行為はすべて

自己表現です。

 

自己表現は

やったぶんしか

うまくはなりません。

 

自己表現能力なので

訓練してる人

何度もやってる人だけが

どんどんその能力が高まります。

 

自己開示することで

自分と相手との関係が

良くなることを

実感として「知っている」から

何度も、やるんです。

 

それが、自分の「パターン」になってるんです。

自分の「パターン」になってる人は

今日も明日も明後日もやり続ける。

だから、どんどん芋づる式に(笑)

その人と親しくなる人が

増えていく

という具合です。

 

 

脳の中で「どうかなどうかな」って考えていても

現実は何も変わりません。

 

 

言葉にして伝えてみて

はじめて

相手の反応があり

周囲の反応があり

自分の変化に気づくんです。

 

 

話すということは

離すということです。

 

自分の身体の中で抱え込んでいるものを

外に離してみることで

自分が悩んでいたことが

客観的に思えてしまう瞬間が

あります。

 

 

なんでも

最初の一歩が大変です。

私にメールを送ってくださる方の中でも

「どうしようかどうしようかドキドキしながら

思い切ってメールしてみました」と

最初の第一歩を踏み出してくれる人も

います。

 

 

やったことがないことは

できません。

 

 

でも、一生そのままでいるのか

どこかで、「よしっ、やってみよう」

と決めるかは

自分次第です。

 

 

悩みや弱点は隠そうとすれば

暴かれます(笑)

そこをつつかれます。

自分が怖がっているから、です。

自分が怖がっているから

みんながそこをつついてくるように

感じてしまうんです。

 

 

悩みや弱点を隠し

自分を大きく見せようとすればするほど

相手と自分との距離は遠くなります。

 

ぜんぶ

逆なんです。

 

母性型のキーワードは

委ねる

です。

 

どう思われてもいいや!!

私はこんな人間!!

って、思い切って

話しはじめた人に

視線は注がれます。

 

隠すとこなんて

どこにもないって

腹を決めた人ほど

強いものはありません。

 

 

心が折れるのは

メンタルが弱くなるのは

弱みを隠し

弱点を隠し

よく見て欲しいと思うから、です。

 

それ、いらないですよね(^^:)

邪魔なものは

捨てちゃいましょう。

 

大掃除です。

 

今日は、春の日差しです。

寒かった冬にため込んだ脂肪と

ため込んだモヤモヤした気持ち

全部、言葉を一緒に

離してしまいましょう。

 

追伸 3月は脱皮の時です(^^)

 

3月4月の母性型勉強は「受け取り下手なあなたが最短で受け取り上手に変身する方法」をお送りします。

2019年5月はいよいよはじまりの年です。

古いものが破壊され

新しいものが創造される時は

変化するスピードがとてもはやいのです。

古いままでそのままいく人と

変化しようと決め、動き出す人では

その差は歴然です。

3月勉強会、まもなく満席です。

誰も教えてくれない世の中学校のルールをこっそり教える母性型勉強会へどうぞ☆彡(3月、4月日時決定!)

2019年3月27日(水)母性型勉強会

追伸 母性型勉強会へご参加下さる方へ

会費はPAYPALにて事前にお支払いをお願い致します。お支払いが完了確認できましたら参加確定とさせて頂きますので

どうぞご理解とご協力をお願い致します。当日会場での現金のやり取りをなくしたいと思っております。ご理解ご協力

どうぞよろしくお願い致します。

あなたの強みを引き出す2019年3月母性型勉強会(香川県高松市)

日時:2019年3月27日(水)午後6時30分~20時30分

場所:高松国際ホテル

会費:3000円(食事代込み)

 

あなたの強みを引き出す2019年4月母性型勉強会(香川県高松市)

日時:2019年4月24日(水)午後6時30分~20時30分

場所:高松国際ホテル

会費:3000円(食事代込み)

ご参加下さる方は必ず事前にお申し込みを頂けますようお願い致します。

お申込み後、キャンセルされる場合にはお食事のご用意の関係上、

必ず前日までにご連絡をお願い致します。

当日のキャンセルはお食事ご用意の都合上、会費を頂戴することになりますので

どうぞご了承下さい。

 

■誰も知らない人を惹きつける本当の方法(全5回)

↑とにかく今すぐ「あの人」を自分へ惹きつけたいあなたはぜひご登録くださいね。

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

ぜひ、ご登録下さいね。

 

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール】

 

2019年から人前で堂々と話せるようになる話し方個人レッスンは

※ご予約のお問い合わせを頂きありがとうございます。

お急ぎの方は、夜間、日曜にレッスンをご希望の方は下記にまでお問い合わせ下さい。

面接対策ご希望の方も別途お問い合わせ下さい。(◯月◯日に面接当日)と必ず記載下さい。

話し方個人レッスンお問い合わせ

 

Follow me!

お気軽にお問い合わせ下さいね。

話し方、伝え方、コミュニケーション、人間関係のお悩みまずはお気軽にご相談下さいね。