営業しているけれど、ビジネスという言葉に抵抗があります。

強みを引き出す

話し方コンサルタント池田弘子です。

2年メルマガを読んで、

やっと個人レッスンに申し込みました

という女性との初回レッスンでした。

 

最近、たて続け2年読んでいましたがやっと申し込みました。

3年ずっと読んでいましたがやっと会えました

という方からレッスンをお申込みいただきました。

行動は、はやい方がいいんです。

物事がどうもうまくいかない人の一番の原因は

「勉強しすぎて利口になりすぎちゃった」

ってことです。

先日、31歳のエネルギッシュな女性が

やってきたんです。

「先生、私も先生みたいな話し方の先生したいので全部教えて下さい」
あっけらかんと言うので、

「ああ、すごいな」

って思いました。

何年も勉強したり資格をいっぱいとったりして

お利口になりすぎているうちに
何もしらないけど「とにかくやりたい!」

っていう新人さんがあっという間にうまくやってのけちゃうことって
実はいっぱいあります。

知らないから、全部教えて!

全部吸収しちゃうからっていう勢いほど
強いものはありません。

お勉強することだけに熱心で動けない人

本当は表にでたいけど、

抵抗があって動けない人
は、「え?そんなに簡単にやってのけちゃうの?」って

人を目の前で見ると
あっさり動きだしたりするものです。

煮詰まってる時は、

「真面目に勉強しすぎ」です。

スタートさせてから、

勉強すればいいだけです。

物心ついた時からインターネットで検索する時代に生まれた若い人達の感覚は
一緒に居ると本当に刺激的です。

まずはレッスンが終わってすぐにメッセージを頂きましたので

ご了承を得てご紹介します。

とにかく、もっとはやく行けばよかった!の一言に尽きます。
2年もモヤモヤしてずっとさまよっていた時間がもったいなかった。
ちゃんと稼ぎたいと思って転職したのに、

出てくる言葉は「ビジネスって言葉は苦手です・・」

なんて確かにおかしいですよね。

でも、おかしいことに全然気が付きませんでした。

これじゃあ何年やっても顧客は増えないし、

会を主宰しても集客できないし、

契約に繋がることもありませんよねって

他人だったらわかるのに自分のことはさっぱりわからないんですね!

「あなた、それじゃあ売れないでしょう」

あっさり言ってくれて本当にすっきりしました(笑)。

私の根っこにある考え方が

「ビジネス=悪いこと」って思ってるから、

先生のおっしゃる「そう思ってるから、そうなる」
なんですね。

自分が売ってる商品を私、高いと思っていました。
高いと思ってるから、きっと相手は買わない、と。
高いと思ってるから、

堂々と目をそらさずはっきりと話すことができなかったんです。

先生の前でしゃべってみて

自分がそんな話し方してるってことに気が付きました。
私の「脳の中」混乱し過ぎています。

「勝つつもりでやってないでしょう」

ってドキリとしました。

勝つとか負けるとか、考えることから逃げてきた人生なので
それが私の仕事の仕方にも出ていたんだと思います。

ただ、先生のおっしゃるように自分で仕事を立ち上げた限りは
私のサービスを買って頂けない状態が続くと「負けている」ことです。
勝つつもりでやってないから、負けてばっかりの現実がやってくる。
ああ!本当にその通りになってるうう!!と(泣)。

ちゃんと自立したい、

ちゃんと自分で稼いでいける自分になりたいって思って転職したのに
稼ぐってことを悪いことだと思い、他人に営業するって罪悪感がいつもありました。

稼ぎたいのに、稼いでいる人を見たり、たくさん人を集められている人を見ると
悪いことをしているとか、ズルいとか、いつか天罰が下るとか思っていました。

自分が拒絶しているものを、手に入れることはできない
言われてドキっとしました。

自分で売り込まずに、どうすれば相手の方が自分に惹き付けられるかを常に考えて言葉を話し、仕組みを作っていく。
私のやり方とは真逆のことを先生は教えておられるんですね。

自分がグイグイせめて売り込んでいく方法は、

限界があります。

私はその方法しか知りませんでした。

相手が自分に興味を持ち、

惹き付けられ質問をしてくるように仕掛けていくことが母性型。

もう何から何まで目からウロコのレッスンでした。

頭の中、総入れ替えします。

自分のやってることに自信がないと
自分が売ってるもの、自分が提供している商品を
お客様に売ることは、できません。

私で言えば、
私が自分が提供しているサービスに価値がないと思っていたなら
私は売ることができないんです。

というより、「売れない」(笑)
自分がやってる仕事に自信があり
自分が売ってる商品に自信があり
自分が提供するサービスには価格以上の価値があると
心底思い込んでいる人から、人は買うんです。

今、売れていて、お客様とリアルに毎日やりとりがあり
自分の価値をどんどん更新し続けている人は
常に「売れている人」の話し方をします。

今、売れている視点で、
今、売れている感覚で、
モノを言います。

売れている視座から、

モノを見て話すんです。

今、売れているから
もっと売れるだろうと発想し
日常会話は「売れるのがあたりまえ」という会話が
ポンポン飛び出します。

今、売れていなくて
高いと断られたり
問い合わせがなく
リアルにお客様とのやりとりがない人は
常に、「売れていない人」の話し方をします。

今、売れていない視点で
今、売れていない感覚で
モノを言います。

売れてない視座から、モノを見て話すんです。
「なかなか難しい」
「コロナで大変だから」
「生活スタイルが変わったから私の商品はきっと高くて買わない」
「コロナになってお客様に会えなくなった」

この違い、わかりますか?

売れている人は、もっと売れていくんです。
売れていない人は、もっと売れなくなっていくんです。

時代はどんどん変化しています。

私たちが挑んでいる世の中ゲームは
どんどんルールが変わっているんです。

仕事をしているのに、お金を頂ているのに
私、ビジネスという言葉は苦手なんです。

稼ぐってことに抵抗があるんです。

という方は実に多くいます。

思い切ってサロンを開いたのに
人を集められなくなったり
収益が上がらなくなると
「稼ぐって」なんだか嫌なんです。

抵抗があるんです。
という方、多いんですよね。

そこから現実逃避がはじまり、どんどん
負の言葉を連発するようになるんです。

 

時代はどんどん変わってます。

どうすれば意思決定者が自分を探し出し
興味を持ち、意志決定者から自分を招待してくれるようになるのか?
そう、考えていくのが
母性型、です。

人との関係も、同じです。
自分から「ねえねえ、好きになって」とすり寄っていくのではなく
どうすれば相手が自分に興味を持ち
相手が自分にひきよせられてくるかなと常に意識を張り巡らせていくこと。
それが、母性型。

呼ばれてもないところに
お願いしますよと攻め込むから、
嫌がられるんです。

次回の勉強会では
「どうすれば自分が動かず
相手が自分に引き寄せられてくるのか?」です。
人間関係も、営業も、同じです。

次回母性型勉強会にご参加下さる方の中で
3名様まで「今、こんなことで困っている」という具体的なお悩みに答えます。
ご参加ご希望の方は、事前にメールを下さいね。

 

コロナ自粛以後、切羽詰まったご相談を

大変多く頂くようになり、私のもとにもリアルなご相談内容がたくさん

集まってきました。

いますぐ、改善できることはすぐに改善をし

右肩上がりの状態にむけてできることはやったほうがいいです。

 

新しい生活スタイルが定着したように
価値観はどんどん変化していきます。

ご相談に来られる方の中で

「私、ありのままの自然体で生きたいんです」
という方が時々いらっしゃいます。

耳障りの言い言葉ですが
自然体と「ありのまま」という意味を知っていますか?
自然界は、過酷です。

自然というもの中では

群れというものは弱者が食べられることで間引きが行われるんです。

強者がその屍を超えていくことで
より強く優秀な子孫をのこしていくんです。

倒れてしまうか、

その上を越えて進んでいくか。
それは自分次第です。

ありのまま自然体で、

何もしないということは変化を拒むということです。

変化しないものは、淘汰されるのが「ありのまま」です。
それが「自然」です。

母性型というと
なんだかゆったりおおらかで、何もしないというイメージをお持ちの方もいます。
違います。

強くしたたかに、長期戦で生き抜くためにどんどん変化しながら
前に進んでいくこと、です。

ぼんやりしていると
あっという間に、「私、やってみま~す!」という新人さんに
とってかわられます。

 

何もせずほっこり

楽してありのままに過ごす

これを体験するためには

水面下で

熱中して生きている

が大前提です。

 

だらけることと

ありのままは

違います。

 

熱中して生きるから

リラックスした時の解放が快感なのです。

ずっとだらっとしてて

真のリラックスは得られません。

 

熱中があるから、リラックスがある。

この繰り返しが

命が生きてるってことです。

 

頭の中だけが忙しくて

身体が動いていない時

私たちは「ゆううつ」になっていくんです。

 

熱量の高さ

人は惹きつけられるようになってます。

 

熱量は低い

勝つつもりでやってない

ほっこり何もせず楽をしたい

そう、思っていると

あっという間に時代に踏み倒されてしまうのが

「自然」です。

知ったかぶり講座|香川県

新しいものさしを手に入れたいあなたは誰も教えてくれない世の中学校のルールをこっそり教える母性型勉強会へどうぞ☆彡

会費はPAYPALにて事前にお支払いをお願い致します。お支払いが完了確認できましたら参加確定とさせて頂きますので

どうぞご理解とご協力をお願い致します。当日会場での現金のやり取りをなくしたいと思っております。ご理解ご協力

どうぞよろしくお願い致します。

あなたの強みを引き出す2020年7月15日(水)母性型勉強会(香川県高松市)

日時:2020年7月15日(水)午後6時30分~20時30分

場所:高松国際ホテル

会費:3,500円(食事代込み)

定員:10名様まで

 

池田弘子の「知ったかぶりサロン」

話し方がまずかったり

場の空気が良くなかったことで

今までいくつものチャンスを逃してきている

ということ身に覚えはありませんか?

 

池田弘子の知ったかぶり講座では

あなたの会話の引き出しを増やすためのお話をご提供することももちろん

場の雰囲気作り、相手を惹きこむ話し方のテクニックも

お伝えしています。

 

ライブですので、実際に見て空気を感じ

体得して帰って頂こうと思っています。

これが一番効果が高いんです!

 

自分の話の世界に相手を惹きこんでいくこの方法を

あなたがマスターするだけで

より多くの人があなたの話しに耳を傾けはじめるでしょう。

そしてあなたを信頼し、きっとあなたを好きになっていくでしょう。

人は好きな人にまた会いたいと思います。

人は好きな人からモノを買いたいと思います。

魔法使いになれる技をお伝えします。だから、少人数。

 

池田弘子の知ったかぶり講座

歴史のことならなんでも聞いて!池田弘子による、サロン風の歴史講座です。

引き出しを増やすために教養が大事ってのはよくわかる。

でもいまさら歴史とか勉強とかいまさら不安だし、面倒くさい!

それをざっくり説明し、池田弘子独自の視点で解き明かしていきます。

会話が続かない、自信がもてない、相手を惹きつけたいと思うのは人間誰しもある欲求です。

一回完結で、お越しくださった方が「知ったかぶれる」ようにあなたの会話の引き出しを効率的に

増やしていけるものとしていきます。

 

■誰も知らない人を惹きつける本当の方法(全5回)

↑とにかく今すぐ「あの人」を自分へ惹きつけたいあなたはぜひご登録くださいね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
愛媛県今治市生まれ。共立女子大学劇芸術学科卒。母性型経営@提唱。母性のものさしを学ぶ母性型勉強会を主宰。あなたから買いたい、あなたにまた会いたいと思ってもらえる話す力を個人指導。話し方を指導して40年。研修、講演回数は1500回を超える。

無料メルマガ読者募集中

あなたの強みを引き出します。

話し下手な人向けの「一瞬で惹き付ける話し方」伝授します。


メルマガ登録は無料です。