どうして人は怒るのでしょう?

香川県高松市の

強みを引き出す話し方コンサルタント

池田弘子です。

 

怒る

ということに対して

あなたはどんなイメージを持っていますか?

 

私は先日、女性達の会にお招きいただき

3時間のグループワークをさせて頂いたんですね。

 

その時に

女性達が、話した言葉に

「なるほど~」と思ったことが、あったんです。

 

「怒りをコントロールできるようになりたい」

「すぐに怒ってしまう自分を変えたい」

「最近、怒りっぽくなっている」

「子供に怒っちゃいけないと頭でわかっていてもすぐキレてしまう」

 

こんな声が

「わかるわかる~」という共感とともに

飛び出してきたんですね。

 

確かに、怒りっぽい人って、

見てて嫌だし

怒ってもいいことないし

怒られるのも嫌だし

頭ではみーんなわかっています。

でも、怒ってしまうんですね(^^:)

 

 

それって、どうしてだか

ご存じですか?

 

怒りっぽい性格だから?

こらえ性がないから?

感情のコントロールができないから?

 

女性達から「ああかな、こうかな」といろいろ

出てきました。

 

相手が間違ったことしたから、怒るんです。

子供が約束守らないから、怒るんです。

理不尽なことされたから、怒るんです。

・・・って、たくさん出てきました。

 

 

怒りが湧き上がる原因は

ちゃんと、あるんです。

 

 

私たちが怒るのは

理由は、これ、です。

相手に期待しているから

 

なんですね。

 

自分がこうであってほしい相手の態度や行動や言動

自分がこうであるべき相手の態度や行動や言動

と違う態度や行動や言動を

相手がした時に

私たちは、「怒る」んです。

 

ご主人に対して奥様が怒るのは

「主人とは、普通はこうすべきもの」

奥様に対してご主人が怒るのは

「妻たるものは普通はこうすべきもの」

と期待しているんです。

 

勝手な「こうあるべき」

「こうでなくてはならない」

「こうでないと許さない」

「世間ではこうであろう」

勝手なイメージを相手に映し

その期待通りの返事やリアクションが返ってこなかった時に

私たちは、怒るんです。

腹が立つんです。

 

 

怒りが止まらない

世の中にいつも怒っている人というのは

しゃべっていることを

よく聞いて観察してみて下さい。

 

 

「常識では考えられない」

「普通は、ありえない」

「こんなことは許されない」

こういう言葉がよく出てきています。

 

 

自分の期待値通りのリアクションでないものが

自分に返ってきた時に

怒るんです。

 

 

怒る人が世の中に増えてきていますが

どうして怒っているのかが

見えてきましたよね。

 

 

もちろん私も

「ムカッ」とする時もあります。

でも、そういう時

自分の心の中をのぞいてみるとやはり

相手に期待しているんです。

 

「こういう時にはこう返してくるもんじゃないのかな」

勝手に期待しているんです(笑)

 

人は、みな違う

感じ方も違う

正義も違う

時間の感覚も違う

私にとっての10分と、相手にとっての10分は感覚が違う

自分にとっての「まあ、いいだろう」と

相手にとっての「まあ、いいだろう」では全く違う

・・・・そういう可能性があるんだ

ということをいつも

思い出すようにしています。

 

 

そうすると

相手に期待しすぎずに、済みます。

相手に期待しずぎないと

腹が立つってあまり起こらないんですね。

 

 

怒ってばかりだなあ

という時には

自分の中に「こうあるべき」「こうでないと許せない」

というコダワリがあるんです。

逆に言えば

自分の「対応できるキャパシティーを超えちゃった」ということです。

持ってる器では対応できません!という状態です。

だから、怒るんです。

だから、腹は立つんです。

だから、イライラするんです。

 

 

自分の枠に相手をはめこもうとすると

相手が子供であっても窮屈です。

 

そして何より

怒っている人と一緒にいたい人は

いませんよね(^^:)

気が付かれないように

気が付かれないように

距離を置こうとしてしまうのが

人間です。

 

 

だって、苦しいですものね。

 

怒るのは相手に期待しているから

って知っておくと

楽になりませんか?

 

 

我が子にはどうしても

期待してしまう親の気持ちもわかりますが

過剰になってしまうと子供を潰してしまいます。

 

夫婦になると

長年続くとどちらかが病気になるか

離れるしかなくなるか

になっちゃいます。

 

 

いずれにせよ

相手に期待しずぎている時は

自分のことがおろそかになっている時です。

 

相手に期待しすぎる時は

自分の中がからっぽな時です。

 

自分がやってることに夢中になっていけば

相手に期待しずぎるクセはすぐに

なくなります。

 

 

これはクセなんです。

 

 

相手に期待しすぎるクセ、です。

育った環境や両親のコミュニケーションのパターンを繰り返し

見てきたことで蓄積されたクセです。

 

クセですので

「ああ、クセだったんだ」と気が付き

新しい考え方をインストールすること

新しい考え方や話す言葉を反復していくことで

相手に期待しすぎてすぐに怒ってしまう私」から

抜けることが、できます。

 

 

思考も、考え方も

筋トレと同じです。

 

 

トレーニングすればするほど

鍛えられるのです。

 

 

追伸 母性型勉強会、セミナー、個人レッスンを受けて下さっている方々から

続々と嬉しいご報告が届いています。

皆様にご紹介したいことばかりです。

「こんなことが起こりました」という具体的なご報告もあります。

「ここに、気が付いたんです!」という「気づき」を体験し、ご報告下さる方もいます。

どんな小さな気づきでも、いいんです。

ご報告下さることで、その小さな気づきが、雪だるま式に大きくなるんです。

自分の人生に勢いを加速させていくのは、「誰かに話す」「伝える」ことが必ずきっかけになるんです。

どうぞあなたも、ぜひお知らせ下さいね。

待ってます。

 

 

自分の「器」をぐいぐい広げ「怒りをコントロール」できる自分を作りませんか?

次回の母性型勉強会はこちら

あなたの強みを引き出す「母性型勉強会」(香川高松会場)

日時:2018年1月17日(水曜日)午後6時30分~20時30分

場所:高松国際ホテル

会費:3,000円(食事代込み)

お部屋の関係上お座り頂けるお席の数のご準備がございます。

ご参加下さる方は必ず事前にお申し込みを頂けますようお願い致します。

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

cropped-header_950250-のコヒ_ー

ぜひ、ご登録下さいね。

 

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール】

 

Follow me!

お気軽にお問い合わせ下さいね。

話し方、伝え方、コミュニケーション、人間関係のお悩みまずはお気軽にご相談下さいね。